Home  Photo Museum  CompanyProfile  Blog  Link  Contact
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
白石市の天気予報
白石の天気予報
20日23時、気象庁発表

日付 8月21日(火)
天気 曇り のち時々 晴れ
曇り のち時々 晴れ

詳細はこちら
検索

アルバムトップ : haruo Total:180

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: ヒット数 (低→高)

1 番〜 10 番を表示 (全 180 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 18 »



崖の上に咲く 山百合

崖の上に咲く 山百合高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    カテゴリー私の写真日記    前回更新2006-8-3 8:54    
ヒット数1076   コメント数0    
前の続きですが、八森山越えの小原に行く道は、過疎に依る人手不足に為、道路普請も儘ならず、今は三本通っていたの内二本が使用不可能になり、一本だけ辛うじて通っておりますが、残念ながら小原に抜けるのは、鉈で切り開いて進む状態です。
行政の方で早く治山、治水をしないと、山も川も荒放題、地球温暖化に依って、どの様な状態に成るかも知れないのに。都市化ばかり一生懸命やると、合理的で其処だけは住み良いかも知れないが、人間生きる為の水、空気はどうするつもりですかね。
山が荒れている所為か、八森山には色々な植物が残っておりますが、昔の様に花を十個つけ、孤高に崖の上に生えておりましたが、今は鼠が食うのが、人間が食う為に取るのか、荘厳で孤高な山百合の花は見つける事が出来ません。
是非共、その様な場所に咲いているものを見たいものですね。

現在は忘れられてしまう花 片栗の花

現在は忘れられてしまう花 片栗の花高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    カテゴリー私の写真日記    前回更新2006-8-1 10:11    
ヒット数1085   コメント数0    
3日程前、白石から八森山を通過し、小原、羽州街道に抜ける道路を表示しました、その途中の八森山周辺には過去に沢山の山野草があり、それが如何した全どんとなくなり、がっかりのしていた時、私の友人が五年前程に、昔から自生している場所を教えてくれましたがその場所は友人自宅周辺の五町歩ばかりの私有地でした。
昔はかたくりの根から片栗粉を採集しておりましたが、どうしても量雅少なく、不味いりで今は放置されており、かなりの面積があり、節になり開花した時はきれいです。
友人が変人なので、一報下さればご案内してもよいです。
花言葉は「私をわすれないで」なので、この言葉を主体として綴りました

亡却の花 藪宣草

亡却の花 藪宣草高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    カテゴリー私の写真日記    前回更新2006-7-27 8:07    
ヒット数1106   コメント数0    
戦中、戦後、特に負け戦になってから、日本人は精神的、肉体的に統御が効かず、国全体が乱れました。
それは、今迄明治維新以来の教育が崩壊し、日本人は何をするかと言う目的が持てず、その上貧困が付き纏い、昭和27年頃まで続きました.その間の人々は死んでも、人に話せない事が一つや二つは有り、お墓に持って行ったそうです。
それで「君の名は」と言う映画が一世を風靡したのか知れません。
その冒頭に「忘却とは忘れる事なり、忘れいずして忘却を誓う心の悲しさよ」とありますが、それは人間、一生の間、忘れたい事は必ず有ると思われます。
只、今日この頃は、規制緩和より、貧富の差が出、風紀が乱れ、勝ち組、負け組みが出、社会に対する考え方が、大きく変わり、丁度社窓があの時によく似ている様な気がします。、
歴史は繰り返す物ですね。

極楽の花 蓮

極楽の花 蓮 高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    カテゴリー私の写真日記    前回更新2006-7-24 9:54    
ヒット数1109   コメント数0    
当地方には、今より30年前までは蓮は沢山有りました。例えば馬牛沼等には沼の三割程あり七月中旬から綺麗な花が鈴なりに咲いており、たまたま国道四号の側なので、周辺の人とか、遠くから歩いて見にきておりました。
今は、全んとありません。偶々棚田を撮りに越河に行った時、雨水を貯めている小さな池に珍しく、五輪程咲いており、その中の満開の一輪です。

白石人の原点 棚田

白石人の原点 棚田高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    カテゴリー私の写真日記    前回更新2006-7-21 8:58    
ヒット数1109   コメント数0    
私が幼少の頃(65年前)は何処に行っても棚田だらけでしたが、其れに対して現在は探すのに苦労します。その為圃場整備はしてあるけれども、比較的古い田で少しは棚田らしい所を取り上げました。
この田の周辺は、過って孫太郎蟲を採り、乾燥、粉にし勘の薬として全国に販売しておったそうです。
その証拠には、歌舞伎の世界で「才川の孫太郎蟲」の幟を持って行商している姿があります。
その為この棚田は白石の原点では無く、才川の人のものかも知れません。

白石の教育方針に影響しておる滝桜

白石の教育方針に影響しておる滝桜高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    カテゴリー私の写真日記    前回更新2006-10-10 9:40    
ヒット数1120   コメント数0    
今、阿部首相の三大方針である、憲法の改正、教育の抜本的改正、日本の防衛法の改正等挙げられておりますが、当白石市では昭和52年に首長に当選し、其の後五期に亘り市制を担当した方は、長らくに亘り他の地方から比べれば、行政、経済、教育でかなり遅れており、それを取り返し、推し進めるため、最初に教育の問題に取り掛かりました。
其れまでは、全んとの校舎は木造で、教育する環境が最悪で任期期間中に、校舎の新築、改善等10ケ所程建設し、その度に滝桜の子供の苗木を植え、滝桜の様に健全な体と精神が宿る様に願ったそうです。
其の後は、環境が良くなれば、人間の問題ですから、教育に誇りを持つ教育者を要請する事に熱心に取り掛かったと聞いてあります。
もしも、国の施行する方が、其の当時からこの様な考えがあれば、依り良い日本になった事でしょう。
本当に残念。 覆水盆に帰らず

現在も残っている判官屋敷

現在も残っている判官屋敷高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    カテゴリー私の写真日記    前回更新2006-8-29 9:17    
ヒット数1125   コメント数0    
白石城の周りを守る為、周辺に四ヶ所の山伏の屋敷と七ヶ所の寺があり、全部で11ケ所の白石城を護衛しておったそうです。
特に、判官屋敷は片倉家より400〜1000坪の土地を与えられ、祈祷、医療、護衛等の行っていたそうです。
其れが故に祈祷、医療する所と住居が別に為っており
今でも、その跡が残っております。
この家の門は通常閉まっておりますが、私が行った時は、この家の主人が喜んで開門し色々説明して頂きました。
白石の歴史を知るに最適の場所です。貴方も来白の時は是非共訪ねて下さば、何か貯めになると思います。
現在見る事が出来るのは此処だけです。


   

友情きずな赤い紫陽花

友情きずな赤い紫陽花高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    カテゴリー私の写真日記    前回更新2006-7-19 9:24    
ヒット数1135   コメント数0    
友人の一人である彼とは託児園に始まり、国民学校、新生中学校と一緒でしたが、彼は家督の為家業を継ぎ、それから十数年行き来は有りませんでしたが、私が現在の地に開業をし時、彼は隣に住んでおり現在も其の侭で友情を厚くしておりますが、途絶えている間に彼の親父は宮城県でも最優秀の職人でしたが、彼は腕は親父くらいだそうですが、同業人を面倒を見、纏めていると言う話は良く聞きます。
彼のワイフは昔ながらの日本の女の人そのもので私共は、見習うべきものが多いと思っております。
彼女は花作りの名人で、赤い石楠花もその一つで、花を多く撮影させて頂いており、感謝にたえません。

気軽に入れる茶室

気軽に入れる茶室高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    カテゴリー私の写真日記    前回更新2006-7-27 15:56    
ヒット数1146   コメント数0    
碧水園には能楽堂と茶室があり、かなりの方が利用されている様で、特に当地方は明治の大火で個人の物、お寺の茶室、公共の物とかは古くなつたり、焼けたりして余りありません。
碧水園の前には大駐車場があり、能、謡、お茶、日本舞踊の大会には、仙台、相馬、福島方面より来場されているようです。
特に、能は勿論ですが、月一回以上表千家の家元か若師匠が来白し、熱心にご指導をしてくれるそうで、弟子も沢山増え、今は五段の人もおります。
表千家の若師匠も気さくな人の様で、入る人は拒まずで、お弟子の方が口こみでふえています。
来白の節は是非共お覗き下さい。
歓迎致します。

清楚可憐でひっそり咲く花 姫早百合

清楚可憐でひっそり咲く花 姫早百合高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    カテゴリー私の写真日記    前回更新2006-8-5 9:40    
ヒット数1153   コメント数0    
此花は山形県、新潟県の山村に群生して咲いたり、雑木の中でひっそり咲く可憐で野性味溢れる姿、主としてピンクですが、たまには白もある。
私は群生して沢山咲いているのよりも、孤独を味わってひっそり、一本だけ咲いている早百合を私の実家の畑で見、感激して撮ってきましたが、丁度梅の木を選定し、そり中から一本だけ花を咲かせておりましたが、次の年にはありませんでした。考えてみれば宮城県に咲く花でもありませんし、雑木のなかでひっそりと咲く孤高の花ですので、思えば私の人生によく似た花であるとつぐつぐ感心しました。

1 番〜 10 番を表示 (全 180 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 18 »



最近の画像
Copyright (c)  2006 KAWAI-SEKIYU.Inc All rights reserved.