Home  Photo Museum  CompanyProfile  Blog  Link  Contact
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
白石市の天気予報
白石の天気予報
18日17時、気象庁発表

日付 6月19日(火)
天気 曇り
曇り

詳細はこちら
検索

アルバムトップ : 私の写真日記 :  Total:180

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: タイトル (Z → A)

1 番〜 10 番を表示 (全 180 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 18 »



心温まるパンジー

心温まるパンジー高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    前回更新2007-6-3 17:54    
ヒット数1369   コメント数0    
私が公立刈田病院に長らく通院し、特に循環器科の菅野先生は私が大変世話に為っており、必要、大切な人であり、常々感謝しておのます。私は心臓が悪い為四回程カテーテル手術をして頂き、現在も通院中し,診察をして頂いたおります。
医薬分業の制度の為、調合薬を貰うべくみどり薬局に行った所、そこの店主がパンジーをくれました。
何と無く心が和む様な花なので、花言葉を調べたら[思慮深い}との事、良い花を頂いたので、早速、庭植え今日も眺めており、ミドリ薬局の店主は若いけれど、心配りの出来る人と感心しており、今後共、店の発展を祈願しております。 興味深々

心を広げ、ゆとりを持たせる阿武隈の菜の花

心を広げ、ゆとりを持たせる阿武隈の菜の花高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    前回更新2007-6-23 9:21    
ヒット数1244   コメント数0    
今、考えて見るとワイフと一緒に写真を撮り始めてから、はや十五年興味を示さないワイフに写真機をやり、私の中古写真機だけでは、物足らないのか、新品の機械を買ってからは、今では私より良い写真を撮る様になり、この一枚が其の写真、私したらバックに蔵王連峰があればと思いますが、本人は白石の考え方を知らないので、返って無いほうが前面が洋々と広がり、安心感を持たせる一枚かも知れません。
私達も結婚してから四十五年、一緒の趣味を持ち、京都、岡山フルムーン旅行、オーストラリヤ、エジフト、熊野世界遺産メグリ、今度は盛岡の繋温泉に泊まり、小岩井牧場のどんと晴れの桜を撮る楽しみだったのに、敢え無くダーン、癌センター入院する羽目。
我が愛しき人へ悲しき通告、何時までも苦労かけますね。 我ながら慙愧の至り  残念 残念
我が愛しき者へ神のお加護あれ  アーメン

食事と自然に戯れる事を出来る材木岩公園

食事と自然に戯れる事を出来る材木岩公園高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    前回更新2007-6-24 8:23    
ヒット数1369   コメント数0    
材木岩公園にある三角から六角状に出ている、北海道の層雲峡にあるのと同じで、安山岩が水成岩を貫いて地表面現在の形状になした物で、層雲峡同様、自然天然物に為っており、公園内にある原石を利用し、その土地にある物は全部リサイクル利用し、無駄無い作り方法を取っているので、当然遊び易いば場所で、岩、石、水、遊びで各種に戯れるのは良し、飽きたなら岩魚とり、食事は独特の日本蕎麦、クレソンのお浸し、今では珍しい、モズク蟹の味噌汁、地場取立ての果物、新鮮野菜等一日楽しむ事の出来る場です・
皆様も一家娯楽も偶には如何ですか。お勧めします。

親孝行の模範 田村神社

親孝行の模範 田村神社高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    前回更新2006-8-12 9:06    
ヒット数1564   コメント数0    
源義経が源平合戦の出陣の時、藤原秀衛の家来の佐藤継信、忠信の親が義経について行くわけでしたが、加齢の為、息子達二人が身代わりとして、義経に随行していきました。その内兄弟の親達が病気になり、息子達の帰りを待ちわびて居りましたが、病気が重くなり止むを居ず、嫁達二人が亭主の甲冑を着て、今帰って来たと言って、両親の枕元に立った、像が甲冑堂として祭られております。
後からの言い伝えですが、嫁達が枕元に立った時は、継信、忠信兄弟は義経の身代わりとして亡くなっておったそうです。

水と岩のバランス良い 材木岩公園

水と岩のバランス良い 材木岩公園高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    前回更新2007-6-22 10:56    
ヒット数1531   コメント数0    
羽州街道の休み所であったのは、多分、虎岩の風穴洞があり、綺麗な流水が流れ、其の伏流水は通称「天やの水」と言いトコロ天のたれとところ天を冷やして、旅人に出し、夏越しする蚕の種をおいており、その風穴洞の風に当り元気よく旅して行ったそうです。
私が二十代頃まで材木岩売店があり、天やの水で作ったところ天を食べ、風穴洞で体を冷やし商売行ったものです。前の白石川には前にダムの様に成っていて、多分、発電所の水と、農業用水を堰堤を作ってあり、魚は上れず、岩魚、鮠、山女、おいかわ、河鹿等沢山
おり、手づかみでも取れました。
今に比べれば雲泥の差ですね。もっと自然を大切に
  何事もルールを守りましょう

神明社の紅葉

神明社の紅葉高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    前回更新2006-11-30 10:21    
ヒット数1487   コメント数0    
お城山に行き、紅葉の中に立つ白石城を撮り、菊祭り、お城山からみる白石の市街地を見、裏に回って行くと、神殿の屋根と灯篭、その後の楓、銀杏、針葉樹等が並び、一幅の絵の様で、私にとりまして何と無く落ち着いた空間があり、腰を掛けて見ているとと心穏やかになる雰囲気がありました。
やはり神殿と樹は心に安堵感を持たせるものですねる
私も古い日本人と思いました。

小阪峠からみる福島盆地

小阪峠からみる福島盆地高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    前回更新2006-11-2 15:09    
ヒット数1385   コメント数0    
平安京の時代から、貝田部落より(福島県と宮城県の境の部落)南に住んで、出羽三山参りに行く方は、う羽州街道の起点、藤田部落よりこの難所と言われている小阪峠を登り、上戸沢部落で検査ょ受け、下戸沢に宿泊し五ヶ月掛かりお参りし、帰宅した様です。
途中道が悪かったり、山賊に襲われたり、狼に付回されたり、非常に困難の旅であったと思われます。
其れでも、一生に一回行けば、其の後は極楽がまっている信じお参りをやったと聞いており、信仰の力は大変なものですね。
何事に於いてもそう言う力があれば、何でもやれますね。私始め今の人に爪の垢でも煎じて飲ませたいものと思います。

小原温泉の源泉 かつらやの湯

小原温泉の源泉 かつらやの湯高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    前回更新2006-9-21 10:34    
ヒット数1345   コメント数0    
この風呂は小原温泉の源泉であると言われておりますが、現在はかつらやの元湯から、湯を引いて来てかつらやの湯(元湯)を復活させたのです。
私が幼少の頃、祖父母に湯治に来た時は風呂の下からと川と両方から湯が湧いており、川が増水すれば、少しぬるくなり、通常は暑く川の水を入れて入浴しており、勿論男女混浴でした。
今、思い出せば昔懐かしい風景ですし、自然が誠に綺麗で、春夏秋冬何時でも楽しめます。
ご来白を期待しております。


小原地方で涅槃像に見える山、鎌倉山

小原地方で涅槃像に見える山、鎌倉山高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    前回更新2007-6-16 15:40    
ヒット数1251   コメント数0    
スパシュランドパークの上にある山が通称鎌倉山と言い、丁度対岸から見ると仏が涅槃している様に山が見える。その写真を撮るようにと当時スパシュランドの支配人、鈴木博殿から依頼があり、それも春夏秋冬の写真が欲しいと言われ、四枚の写真を撮り、其れを如何すると聞いた所スパシュランドの食堂に飾り、スパシュランドの観光の目玉にしたいと言っており、特に鈴木博殿は観光に対し、かなりのアイデヤマンでしたから、それなりに役に起ったと思います。
鎌倉山は片倉小十郎がムカデ退治でも有名で山で、涅槃像の山でもあり、その上緑の節のこの山は綺麗、一幅の風景画です。
小原地方に来た時は113号線より見え、その後にスパシュランドで楽しめば、1日有効に使えます。

女子中学生の様な新鮮な花

女子中学生の様な新鮮な花高ヒット
投稿者haruoharuo さんの画像をもっと!    前回更新2007-6-15 8:45    
ヒット数1496   コメント数0    
友人の奥様は花木が好きで庭一杯に植え楽しんでおり、特に友人は国民学校の同期で、私も住む所が五回変わりましたが五年位すると近くに住むと言う不思議な縁で、現在も直ぐ後ろに住んで居りますから、奥様が丹精込められた花をちよいとバチリと写真を撮って来ます。彼女は気さくな人だけに何時でも勝手に写真を撮らせて頂いております。
この花は門の側に在りました、何となく可憐な花だと感じ写真に取りました。多分花の名は金鶏菊でニュージランドの国鳥の金鶏を謎って附けたと思います。
十代前半の女如く花言葉は「新鮮で華やか」で言行一致した花で若き日の事を思い出させます。

1 番〜 10 番を表示 (全 180 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 18 »



最近の画像
Copyright (c)  2006 KAWAI-SEKIYU.Inc All rights reserved.